『伊太利亜乃歌』-その2- ヴェネツィア組曲

『伊太利亜乃歌』-その2- ヴェネツィア組曲

ヴェネツィア(ベニス)には、三度行っているのですが、初めて行ったのは1993年。

あまり深い知識も無く、お決まりのゴンドラに乗り、ありきたりの観光をしました。

その時に、この不思議な街にすっかり魅せられてしまい、この街の事をもっと知りたいと思いました。



帰国後、すぐに立ち寄った本屋で平積みになっていたのが、須賀敦子さんの著作で、出たばかりの新刊エッセイ集『ヴェネツィアの宿』
なんというタイミング!運命の出会い!と、即購入、即読了。

ヴェネツィアの事だけを書いたものではありませんでしたが、とても感動し、その後、この著者のイタリア関連の本(『ミラノ霧の風景』『コルシア書店の仲間たち』等々)を読み漁りました。


次に、読んだのが塩野七生さんの『海の都の物語』
この不思議な街の成り立ちから、数奇な歴史が語られた、実に興味深く面白い本でした。


その後は、ヴェネツィアへ訪れると、この街の歴史に想いを馳せ、さらに深く知りたくなるというループに陥っています。


そんな想いを歌にしてみたのですが、なんせ、歌いたい事が多すぎて、全六曲の組曲になってしまいました。
(それでもまだまだ色々と歌にしたい事があるので、今後増えて行くかも知れません)


『ヴェネツィア組曲』
1. Aeroporto
2. Motoscafi
3. Museo
4. Caffè Florian
5. Vivaldi
6. Stazione


このうち1~4は、昨年作ったもの。
5,6が、今年作ったものです。


とりあえず、この中から『Caffè Florian』の歌詞と演奏(動画)を紹介させていただきます。
https://dorutansharmin.wixsite.com/dorutansharmin/brescia-2


次回は、この六曲について簡単に説明したいと思います。


(つづく)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA