『ポップス狂の詩』終了

『ポップス狂の詩』終了

2018年11月11日(日)
川越大黒屋食堂にて恒例『音楽食堂』の第十三夜

Bookie森下&サボテン楽団を迎え『ポップス狂の詩』と題しての開催
 

私達、どるたん+しゃあみんは、オープニングアクトを務めました。
まずは、大好きなポップスヒットを2曲カヴァー。
2曲とも切ないマイナー調の歌で、こういう曲が好きなんだなぁ・・・と改めて思うのであります。
 

そして、その後演奏した数曲のオリジナルは、直接的に似た曲調ではなくとも、どこか世界観が反映されているような気もします。

(圧倒的にマイナー調の曲が多いし)

この日のどるしゃあセットリストは

1. Holiday (Bee Gees cover)
2. Wild World (Cat Stevens cover)
3. Emiliani
4. Brescia
5. Caffe Florian
6. Stazione


冒頭のカヴァー2曲、リハで軽くあわせただけにしては、なかなか良い感じで演奏出来ていました!

どるしゃあの今までの活動で感じていた事ですが、ここ数週間に渡っての、長野への演奏旅行~群馬でのレコーディング~そしてこの日のライヴ演奏と、通して深く感じるのは、ただ一緒に演奏しているだけじゃなくて、どるしゃあの音楽には心の感応みたいなものが、常にあるという事。
とても強く再認識いたしました。

 


その後、メインアクトのBookie森下&サボテン楽団を迎える。
今回初めてサブステージ、メインステージの2つに分けて設営したので転換もスムーズ!


2人の演奏をお客様と一緒に堪能。

アンコールでは、どるしゃあも加わり4人で『ジャンバラヤ』を。

あらかじめ「アンコールで一緒に何かやろう」と話していたのに、結局当日まで選曲もせずに、リハで初めて「さて何やりましょうか?」と、頭を悩ます4人。

とそこに、「今日の音楽定食、カーペンターズでジャンバラヤなんだけど」と大黒屋食堂店主。
「それだ!」
てな事で、良い感じで丸く収まり、大団円、大いに盛り上がりました!
 

Bookieと一緒に音を出すのは初めてですが、なんとなく何度もやっているような感覚。


とても楽しい一夜。

皆様ありがとうございました!!

次は、12月9日(日)高井つよしが登場します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA