ありがとう!今年最後の『音楽食堂』

ありがとう!今年最後の『音楽食堂』

2018年12月9日(日)
川越大黒屋食堂にて、恒例の、そして今年最後の『音楽食堂』第十四夜、盛況のうちに終了いたしました!
 

(いつも音楽定食を考案し提供してくれる大黒屋食堂店主)

今回は『孤高の詩人』と題して、孤高の詩人ロッカー、高井つよしを招いての開催。

そして、この日の、音楽定食は、孤高の詩人にちなんで、東坡肉(トンポーロー)がメイン。
どういうことかと言うと

東坡肉(トンポーロウもしくはドンポーロウ、拼音: dōngpōròu)とは、豚肉を調理した中華料理である。
北宋の詩人蘇軾(1036年 – 1101年)が考案したとされ、料理の名前は彼の号である「蘇東坡」に由来する。
(Wikipediaより)

権力に対しても、物申し続けたという蘇東坡。
こういう料理を取り上げていただけるなんて意義深いですね。
 

いつものように、どるたん+しゃあみんが第一部を受け持ちました。

この日、しゃあみんは、長野でのライヴを終えて新幹線で川越に駆けつけました。
なんと北陸新幹線が停電というアクシデントもありましたが、無事、開演前には会場に到着、軽いサウンドチェックと打ち合わせの後、慌しく本番。

とはいえ本番ではすっかり落ち着き、いつも通り、いや、いつも以上のパフォーマンスを見せていました。
 

この日のセットリスト

1. Emiliani
2. Brescia
3. Caffe Florian
4. Stazione
5. Imagine (John Lennon cover)
6. 時々吠えることがある (頭脳警察 cover)
7. boy


しばし休憩の後、高井つよしのステージ。


久しぶりのソロ、和やかな食事の席でのLIVEという事もあり、なかなかペースがつかめなかったような感じもありましたが、徐々にいつもの高井つよしらしい力強いパフォーマンスへ。

 

途中、どるしゃあを迎え入れ、後半は3人での演奏が続く。

3人での演奏曲は
Just Like A Boy
La Javanaise
Hallelujah
Mirror Ball
Knockin’ on Heaven’s Door


あらかじめ「2曲ぐらい一緒にやりましょう」と打ち合わせをしてはいましたが、蓋をあけてみれば、全く予定にないような曲を何曲も演奏するというドッキリ展開。

 

熱演した高井つよしは、ギターの弦を、なんと3本も切ってしまいアンコールではギターを持たずに、どるしゃあをバックに『さようなら世界夫人よ』 (頭脳警察 cover)を熱唱。


ダブルアンコールの声もかかりましたが、ここでどるたんによる無茶振りが発動。
お客様として来場していたloachが引っ張り出され、みんな大好き『ジェットメリーとロンサムトム』を歌う事に。
 

客席も大合唱となり、とても素敵な1年の締め括りになりました。
loachありがとう!


スタッフ関係者の皆様、1年間おつかれさま!ありがとう!


今年出演してくれたアーティストの皆様
 2月 田代望心と川越ボンバー
 4月 ひづめ☆つかさ
 6月 ナックルヘッド
 8月 loach
10月 み家
11月 Bookie森下&サボテン楽団
12月 高井つよし
どうもありがとう!


そして何より来場し盛り上げてくれたお客様方
本当にどうもありがとうございました!!

2019年の『音楽食堂』もよろしくお願いいたします。 


(どるしゃあのライヴは年内あと3本あります!!)
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA