アンプとスピーカーのお話~Emiliani

アンプとスピーカーのお話~Emiliani

前の投稿にも書いたけど、昨日の青梅宿アートフェスティバル2019
住江町ステージのPA

スピーカーユニットは、イタリアのSICA製
パワーアンプは手作りの真空管アンプ、出力管はEL34(かな?)

実は、昨日のどるしゃあ、1曲目に演奏した『Emiliani』は、イタリア製のスピーカー&真空管アンプで音楽を聴くという歌詞が出てきます。

1番の歌詞
「エレクタアマトールから流れてくる音に~♪」
「300Bの灯りとキリマンジャロの香り♪」

「エレクタアマトール」というのは、イタリアのメーカー、Sonus Faber社のスピーカーの機種名
「300B」というのは、真空管パワーアンプの出力管の型番

(※実際に我が家で使っていたスピーカーはハーベスHL-5(イギリス製)、真空管アンプの出力管はKT-88なのですが、歌詞にのりにくいので・・・その部分フィクション)

要するに真空管アンプ&イタリア製のスピーカーで鳴らした音楽を聴いているという歌詞

そんな歌を、(型番は違えど)真空管アンプ&イタリア製のスピーカーで鳴らせたという奇跡のような偶然!

昨日、集中力高くリラックスして演奏出来たのは、そんな魔法のおかげもあったのかも知れません。

PAさん、ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA