アコースティック音楽嗜好 ‐15‐

アコースティック音楽嗜好 ‐15‐

珠玉の小品、隠れた名曲 その6

ロックやポップス系等のアルバムの中にひっそりと収められたアコースティックな名曲を紹介していきます。

今回はStrawbs、1971年リリースの『From The Witchwood』から

Strawbs – Witchwood

元々トラッドフォーク色が強かったStrawbsですが、このアルバムの前に出されたライヴ盤『Just a Collection of Antiques & Curios』 (骨董品) からRick Wakemanが参加し、さらにクラシックや中世ヨーロッパの伝承曲的な味わいが深まっています。

私は、この時期のStrawbsが本当に好きで、こういう曲を好んで聴いていたという事が、後に古楽にはまっていくベースになっているかも知れません。
ダルシマーやバンジョーといったアコースティック楽器をバックに歌いあげるDave Cousins。
彼の声、彼の歌が大好きなのですが、この後、Strawbsは、徐々にエレクトリックロック色を強めていき、それに従い私の興味は薄れていきます。

ただ、そんなロック系のアルバムの中にも、アコースティック楽器で奏でられた「珠玉の小品」が収められているかも知れない、との思いで、ずーっとフォローしつづけていくのでした。


(つづく)

どるたん+しゃあみん 1stアルバム『異郷の詩』好評販売中

Goodstock Tokyoレーベル通販サイト
CD『異郷の詩』特設サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA