アコースティック音楽嗜好 ‐17‐

アコースティック音楽嗜好 ‐17‐

珠玉の小品、隠れた名曲 その8

ロックやポップス系のアルバムの中にひっそりと収められたアコースティックな名曲を紹介していきます。

元ゾンビーズ、Colin Blunstoneの1972年2枚目のソロアルバム『Ennismore』から

Colin Blunstone – I’ve Always Had You

シングルB面曲だったんですね、知らなかった

2分半ほどの、これぞ「小品」という曲で、ほぼアコースティックギター1本(ちょっとエレキギターが優しいトーンで絡む)で弾き語られた曲。

が、1分半ほどで終わったと思いきや、突如むせびなくブルージーな管とリバーブ成分多めのエレキギターなどで奏でられる間奏(?)そして、歌の最後の一節が歌われて終わる。

明らかに別のセッションで録られたテイクの繋ぎ合わせですよね。
弾き語り的に演奏してみました版と 楽器いっぱいで演奏してみました版。

個人的には、アコースティック好きの私としては、弾き語り版だけで1分半でサラっと終わりにしても良かったのでは?と思うのですが、どうしても入れたかったんでしょうね。

Colin Blunstoneは、ソロアルバムを何枚か出していて、全部は追い切れなかったのですが、この2枚目が1番好きかな。

切なくなるような哀感がたまりません。
ゾンビーズの魅力的な一面はこの人の持ち味だったのかな、とも感じています。


(つづく)

どるたん+しゃあみん 1stアルバム『異郷の詩』好評販売中

Goodstock Tokyoレーベル通販サイト
CD『異郷の詩』特設サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA