アコースティック音楽嗜好 ‐19‐

アコースティック音楽嗜好 ‐19‐

Woodstockのこと

高校生の時に、映画『Woodstock』を観た。
高田馬場パール座だったか、飯田橋佳作座だったか、まあ、そのどちらかだと思う。

その後、Woodstockのライヴ盤(かつ映画のサウンドトラック)3枚組LPレコードも入手して、よく聴いていた時期がある。
その頃は、自分がアコースティック大好きな人種だとは、特に認識していなかったのだが、今、思い返してみると・・・

Woodstockというと、ジミヘンやThe Whoの派手なパフォーマンスが有名で、ロックな印象が強いと思うのですが、個人的には、映画を観て強く印象に残ったものも、後にレコードで繰り返し聴いたものも、全部アコースティック系の音楽でした。

このブログ『アコースティック音楽嗜好』を書き始めるまで、というか、さっきまで、そんな風に考えた事なかったのだけど、本当に見事にアコースティックだけ。

Richie Havensのパフォーマンス(ギターの弾き方!)に衝撃を受け、Country Joe McDonaldの歌を大合唱する観衆に感動した。
映画でも良いなぁと思ったけど、レコードを買って繰り返し聴くうちに、ぐっと好きになったのは、Arlo Guthrieの『Coming Into Los Angeles』と、Joan Baezの『Joe Hill』

この4曲が自分の中の、
「4大 Woodstock 繰り返し聴いた大好きな曲」
です。

我ながらちょっとびっくり。


(つづく)

どるたん+しゃあみん 1stアルバム『異郷の詩』好評販売中

Goodstock Tokyoレーベル通販サイト
CD『異郷の詩』特設サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA