アコースティック音楽嗜好 ‐20‐

アコースティック音楽嗜好 ‐20‐

アコースティックギターがかっこいいロック(1)

これまでは、どちらかというと大人しく優しいアコースティックな楽曲を主に取り上げてきましたが・・・
ロックな楽曲の中でも、かっこよくアコースティックギターが鳴っている、そんな曲に、とてもそそられる傾向が私にはあります。

そんなアコースティックギターがかっこよく鳴り響くロック曲の極めつけの1曲を!

それは、これ!

The Rolling Stones – Street Fighting Man

もう1度言うけど、これは、本当に アコースティックギターがかっこよく鳴り響くロック曲 、極めつけの1曲だと思います。

こんなにも激しく過激な歌なのに、イントロから鳴り響くのはアコースティックギター!!もうその音だけで心を持っていかれてしまうのです。

The Rolling Stonesには(特に60~70年代のThe Rolling Stonesには)、実にかっこよくアコースティックギターを使っている曲がたくさんあります。

あの『Satisfaction』にも、しっかりとアコースティックギターのカッティングが刻まれています。イントロから高らかに鳴り響く印象的なファズギターに耳を奪われがちですが、アコースティックギターが良い味つけをしているのですよ。

さらにその時期のストーンズは、アコースティックギターだけではなくて、アコースティックな楽器を実に巧みに取り入れています。

『Paint It Black』(黒くぬれ!)のシタールは特に有名ですが、この曲もぜひ聴いて欲しい。このマリンバ!最高です。もちろんアコースティックギターも!

The Rolling Stones – Under My Thumb

どうですか?

こういうアコースティックな楽器をかっこよく使っている曲が多いというのも、私がThe Rolling Stones大好き(特に60~70年代! Brian Jones! )な一因かも知れません。

(ストーンズの話だけになってしまったので、この項もう少しつづくかも)


(つづく)

どるたん+しゃあみん 1stアルバム『異郷の詩』好評販売中

Goodstock Tokyoレーベル通販サイト
CD『異郷の詩』特設サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA