アコースティック音楽嗜好 ‐23‐

アコースティック音楽嗜好 ‐23‐

珠玉の小品、隠れた名曲 その9

ロックやポップス系のアルバムの中にひっそりと収められたアコースティックな名曲を紹介していきます。

Eric ClaptonとSteve Winwoodが在籍したスーパーグループ、Blind Faith、1969年発売の唯一のアルバムから

Blind Faith – Can’t Find My Way Home

『Presence Of The Load』『Sea Of Joy』といった壮大な名曲や『Do What You Like』『Had To Cry Today』といった長尺なロック曲の中、アコースティック楽器だけで演奏された3分強のこの曲は、まさに「珠玉の小品」と言える曲かと思います。

Eric ClaptonとSteve Winwoodが弾く2本のアコースティックギター、Winwoodのよく伸びるヴォーカルが心地良いこの曲、それほど目立つ曲ではないのですが、WinwoodもClaptonも、気に入っていたようで、Claptonは、1975年リリースのLIVE盤『E.C. Was Here』他、折に触れ取り上げ、後に2007年の「Crossroads Guitar Festival」をはじめ2人の共演Liveでは、一緒に演奏もしています。さらに、Winwoodがアコースティックギター1本でセルフカヴァーしたもの(最高!!)もYouTubeにアップされています。

「珠玉の小品」にして「隠れた名曲」!


(つづく)

どるたん+しゃあみん 1stアルバム『異郷の詩』好評販売中

Goodstock Tokyoレーベル通販サイト
CD『異郷の詩』特設サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA