アコースティック音楽嗜好 ‐28‐

アコースティック音楽嗜好 ‐28‐

民謡、伝承曲からの影響 その2

これは民謡、伝承曲とはちょっと違うのだけど、バッハの曲をアレンジしたものです。
とても面白いカヴァーなので、 ちょっと枠を広げてここで取り上げてみました。

Jethro Tull – Bourée

Jethro Tull、1969年のアルバム『Stand Up』からの1曲。

出だしは、ベースとフルートで。
70年代のウィスキーやコーヒーなんかのCMに使われていてもしっくりくるようなムード。
ベースラインや、リズムはRockというよりも完全にJAZZの雰囲気。
バッハの曲とは、信じられないような見事なJAZZアレンジ。
途中、ちょっと激しくなります(Ian Andersonが暴れたくなった模様)が、それもまた面白く、ベースが主導権をとって収束されていく様子がまた聴き所。

ちなみにバッハの原曲は、こちら。

とても美しい曲!

ヨーロッパでは、クラシック音楽がすごく身近にあるから、こういう曲をアレンジする発想もサクッと出てくるのでしょうね。

ところで、この曲をYouTubeで検索したら、2006年にIan Andersonとクラシックのオーケストラでこの曲をコラボしている映像を見つけました。
これも面白い!良い物に巡りあえた。


(つづく)

どるたん+しゃあみん 1stアルバム『異郷の詩』好評販売中

Goodstock Tokyoレーベル通販サイト
CD『異郷の詩』特設サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA