A Prayer Before Dawn

A Prayer Before Dawn

映画『暁に祈れ』を、(配信で)鑑賞。
(ブログのタイトル「A Prayer Before Dawn」は、この映画の原題)

簡単に言うと、
ヤク中のイギリス人ボクサーが、タイで刑務所に入れられる。レイプやリンチ、殺人までもが横行する地獄のような刑務所で、ムエタイの試合に出るためにトレーニング。立ち直っていくお話。(簡単過ぎ)

これはかなりヘヴィーな映画でした。
なにしろリアル。
主役のイギリス人以外は、全員タイ人で、全く言葉が通じない。
看守の命令も何言ってるか分からない、囚人が話しかけてきても全く分からない。
タイ語には字幕がほとんど出ないので、見ているこちらも、その感覚、不安や焦燥感を否応無く味わう事になります。
この表現方法は秀逸。

逆に、ムエタイのトレーナーや、選手達と、言葉は通じなくても徐々に心が通うようになる様子が救いだったりもするわけです。

再生の物語としては、これ以上無いほどの地獄からの生還物語ですが、個人的にはとにかくヤク中とかその手の世界には全く心を寄せる事が出来なくてきついものがあります。
『トレインスポッティング』みたいなのも苦手。

そして囚人達の有様もかなりきつい。
全身タトゥーはあたりまえ、顔や頭にまでタトゥーが入っている連中が、ニヤニヤといやがせをしてきたり、怒鳴りあったり、しかも何言ってるか全く分からないという状況なので、見ているだけで心が消耗します。

だからこそ前述のようにムエタイによる救済がより大きく心に届くわけで、見るものを引き込んでいく表現には脱帽です。

※これを書いた後に、いくつかこの映画の解説を読んでみたのですが、本当の刑務所で撮影。囚人も実際の(元)囚人、囚人達の会話も実体験を話しているとか。
「なにしろリアル」って書いたけど、リアルなわけです。タトゥーも全部本物。(はじめから本物だと思っていたので、よくぞこんなに大勢集めたものだと思っていました)

いやはや・・・
もう一度書きますが「ヘヴィーな映画」。
しかし救いはある。(夜明けは来る)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA