Tag Archive : 秩父

20151203 埼玉 秩父夜祭

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2015年12月3日 埼玉 秩父市 秩父夜祭

子供の頃から憧れていた秩父夜祭。
行く機会のないままに、大人になり、そのうち段々と人混みが苦手になった事もあり、憧れていた気持ちもどこへやら。

しかし、2015年、突然思い立ち、車で秩父夜祭へ行ってみました。

行き帰りの渋滞をある程度覚悟していたのだけど、特に混んでいるという事もなく、駐車場も秩父駅近くの特設駐車場にスムーズに止める事が出来ました。

まずは秩父神社へお参りに。
さすがにすごい人出。

神社前で出陣を待つ山車。

山車も神輿もとても美しい。

写真を見ると、人が大勢いるけど、人混みを避けて裏道で移動したり、少し離れたところからゆっくり見物したりしていたので、特に人混みで嫌な気持ちになる事もなく、しっかりと楽しむ事が出来ました。

花火も良いタイミングで良く見える場所で見る事が出来ました。
冬の花火、風情があるし、山車との競演に気持ちが高まる。

行く前は、渋滞、駐車場、人混み、寒さ、など色々と気にする事だらけでしたが、行ってみたらどれも全く問題なし。
たまたまタイミングが良かっただけかも知れないけど、実にスムーズに煩わしい事など何もなく祭りを楽しむ事が出来ました。

秩父にはいつも歓迎されているイメージ。


「お出かけの記録」

20231030 ユナイテッド・シネマ ウニクス秩父

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2023年10月30日 埼玉県 ユナイテッド・シネマ ウニクス秩父

最近はじめた、この「お出かけの記録」、なんだか秩父の事ばかり書いていますが、昨年の10月にも行っておりました、秩父に。
と言っても、この日は、ユナイテッド・シネマ ウニクス秩父にちょっとした用事があり、用事をすませたらトンボ帰り(死語?)。

しかし、しっかりスマホの写真フォルダに何枚か写真が残っていたので、サクっと取り上げます。

ユナイテッド・シネマ ウニクス秩父入口付近。
それにしても、秩父に行く時はいつもよく晴れてますね。相性がいいのか。

うちから一番近い映画館は、ユナイテッドシネマ入間なのですが、ここは、子供向けや、ファミリー向けの映画が何スクリーンも独占してしまい、観たい映画がかからない、という事がよくあって、近隣のユナイテッドシネマ ウニクス南古谷やユナイテッドシネマ わかば、イオンシネマ日の出、そしてここユナイテッドシネマ ウニクス秩父まで足を伸ばすという事が何度かありました。

今、あげた中では、たぶんこの秩父が距離的には一番遠いのだけど、道中の景色や交通量を考えると、ドライブ感覚で来られるという利点もあります。そこのポイント高め。

ポテくまくんの顔出し看板。

『ゴジラ-1.0』公開前は「絶対映画館で観たい!」と思っていたのだけど、なんとなく、今日まで観ていないという。まあ、配信で観られるまでがまんでいいかな。と諦めモード。
色々な意味で余裕があれば、観たい映画、全部映画館で観るのですが、そうもいかないわけで。

『翔んで埼玉』の2作目「琵琶湖より愛をこめて」これはさすがに力の入ったディスプレー!埼玉県の映画館だけに。
PANTAさんが生きていたらきっと一緒に観たと思うけど、今回はこれもTVか配信までお預けかな。

ウニクスから、道の駅ちちぶ方面を望む。

ウニクス内のくまざわ書店で、出たばかりの「映画芸術」を購入。
1冊だけあったのだけれど、もしかしたら、ここで毎月買う人がいるのかな?その人買い逃しちゃったかな?
通りすがりのよそ者が買ってしまいました。ごめんなさい。

徒歩圏内にちゃんとした本屋さんがある生活うらやましい。
しかも、この辺なら、映画館も、秩父神社も徒歩圏内。
素敵過ぎる。


「お出かけの記録」

20230105 秩父神社

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2023年1月5日 埼玉県 秩父神社

昨日のブログ投稿は、今年(2024年)の1月4日に行った秩父神社でしたが、今日の投稿は昨年(2023年)1月5日に行った秩父神社の事。
写真も内容も似通ったものですが、違う投稿、1年前の秩父神社です。

今年より若干早い時間に出発しました。
そして、今年と同様、遠回りして富士山にご挨拶。見事な富士山とご対面。(写真はなし)

運良く、秩父神社の駐車場に車を入れる事が出来て、のんびりと神社を楽しみました。

まずは、毎年恒例、東照大権現様にご挨拶。

今年も、良く晴れていたけど、こう見ると、昨年は、さらに良く晴れている感じ。まさに(ほぼ)雲一つない快晴といった天気模様。空の青さよ。

さすがに5日ともなると、お参りする人も少な目ですが、それでもあちらこちらに(写真には写っていないけど)参拝者の姿が見られました。

今年は、お参りより先に、道の駅ちちぶへ直行し、秩父名物、味噌豚丼(&ザルそばセット)で腹ごしらえをしたのですが、昨年は、しっかりとお参りをした後に、秩父の街中へ出て、秩父のメインストリート、299沿い本町通りにある、そば処 大むらで、秩父のもうひとつの名物、わらじカツ丼(大むら的にはわらじ丼と言う)を食しました。

大むらさんのわらじカツは、小さな子供が履くわらじぐらいのサイズですが、それはあまり薄く伸ばしていないから。しっかりとした厚さと歯ごたえのある、とても美味しく肉々しいわらじカツです。おすすめ。

店によっては、すごく大きくて丼からはみ出すようなサイズのわらじカツもありますが、そういうのは、けっこう薄く伸ばしてあって、見た目はすごいけど、あまりがっつりとした肉感がなかったりするのです。

満腹になった後は、腹ごなしに少し散歩。
秩父駅併設のじばさん商店(地場産業センター)を覗いたり、なんだり。

じばさん商店には、(昨年の干支)うさぎに化けた、ポテくまくんがいました。
今年は、ドラゴンに化けているのだろうか・・・


(以下追記)

と気になって、ポテくまくんのTwitter(X)アカウント(私と相互フォローの間柄)を見てみると

【公式】「ポテくまくん」Twitterアカウントより

わはは、しっかり辰年ヴァージョンになっておった。さすがポテくまくん。

ちなみにポテくまくんとは、秩父のソウルフード「みそポテト」がだーい好きなクマの妖精です。


「お出かけの記録」

20240104 秩父神社

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2024年1月4日 埼玉県 秩父神社

この数年、お正月には秩父神社へ行くのが恒例になっています。
元日には、近所のお寺と神社に初詣(というかなんとなくご挨拶)して、その後、都合の良い日にぶらりとドライブがてら秩父神社へ、というゆるい個人的恒例行事。
一昨年、2022年には1月2日に行ったのですが、かなりの人出だったので、人混みを避けて昨年は3が日があけてからの1月5日に、今年は1月4日にという塩梅。
(2022年のブログ投稿「2日は秩父へ」参照)

今年も良く晴れて気持ちの良いドライブ日和でした。(車の中は暑いぐらいの陽射し!)
往路は、これも恒例なのですが、ちょっと遠回りをして、富士山のビューポイントを通り、しばし正面に富士山を見ながらの運転。今年も見事な雪化粧をした美しい富士山と対面できました。
残念ながら運転中なので写真は撮れませんが、心に焼き付けて。

お昼過ぎにゆっくり家を出たので、2時頃秩父着。まずは腹ごしらえという事で道の駅ちちぶで食事。

味噌豚丼ザルそばセット

秩父名物のひとつ味噌豚丼とザルそばのセットを。
ここはまあ、ちょっと古いタイプの道の駅にありがちな、いかにもな食堂で、ビニールのテーブルクロスだったり、ポリカーボネート(かな?)の食器だったりと、高級感とか洒落た感じとか「映え」とかには一切無縁なのだけど、味は悪くないし、今でも席があくたびに丁寧にアルコール消毒をしていたりと衛生意識の高さも感じるし、割と好きな場所。

洒落た雰囲気をゆっくりと味わいたい時には、良いお食事処も色々あるのだけど、今回は、それなりに美味しい秩父の味で素早く空腹を満たす方向性。

食事後は、道の駅に車を置いたまま、徒歩で秩父神社へ。
ちょっと駐車時間長めだけど、食事もしたし、帰りには野菜も買うし、割と駐車スペース空いているし、あまり時間をかけずに戻ってくるので、勘弁して下さい。ごめんなさい。ありがとう。

秩父鉄道の踏切を渡り秩父神社へ。
そのまままっすぐ行けば、横から神社へ入れるのだけど、ちゃんと正面に回って鳥居をくぐり境内へ。

4日ともなると、初詣の人も少な目で落ち着いた雰囲気。


うちは、両親の実家ともに江戸なので、まずは東照大権現様にご挨拶。
秩父神社は、徳川家と縁が深い場所で、私自身もなぜか子供の頃から徳川家と縁の深い場所に縁があり、惹かれる傾向。

秩父神社には、日光東照宮と同じく左甚五郎作の彫刻が数多く施されているのですが、中でも面白いのがこの「お元気三猿」と呼ばれるお猿さん。
日光東照宮の「見ざる聞かざる言わざる」の反対なんです。
よく見て、しっかり聞いて、ちゃんと話すみたいな感じなのかな。

他にも「北辰の梟」「つなぎの龍」など、色々と。

今年は辰年という事で、この「つなぎの龍」の写真を撮る人が何人もいました。


良い空気の中で、良い時間をしばし楽しみ、秩父神社を後に。

色々な事情で苦しんでいる方の多い中、素敵な時間を過ごせている事に感謝するとともに複雑な気持ちも感じつつ、今、味わっているこの幸せな時間が、いついかなる形で破られるか分からないのだ、という事も肝に銘じて、今を過ごしています。


「お出かけの記録」

2日は秩父へ

2022年1月2日も、ふだんどおりに起床。
前日同様、お節とお雑煮を食しながら、箱根駅伝の往路をスタートから(TVで)見る。

とても良い天気なので、急遽、秩父神社へ行こうと思い立つ。
ここ数年、地元の神社への初詣の後、1月中に秩父神社へも詣でるのが、なんとなく自分的慣わし。
大体松の内もあけた頃、のんびりと行くパターンなのだけど、今年は1月2日と、かなり早めの決行。

Read More