映画『上海特急』

映画『上海特急』

※現在の自分を形成する元となった色々な物を気ままに紹介していきます。

映画『上海特急』

『上海特急』(1932年 アメリカ)

この映画を初めて観たのは、テレビの深夜放送。
20代後半ぐらいだったか・・・はっきりは憶えていない。
ウトウトしながら観ていたようで、物語の機微などはあまり記憶になく、ただただマレーネ・ディートリッヒの美しさ、気高さ、それだけが強く印象に残っていた。

後日、マレーネ・ディートリッヒのCDを買ってしまったほど。

それから数十年、ネット配信で改めて観た。

中国が内戦をしていた時代。
北京から上海に向かう特急内での出来事。

正直、中国の歴史にあまり詳しくないのだけど、興味深い時代。

話は全くそれるけど、歴史の教育って、石器時代とか、弥生時代とか、四大河文明とか、そんな事から始まるけど、現代(というか今現在)から遡っていく方が、面白く興味深く全てが繋がって憶えられるんじゃないのかな・・・
安倍総理、麻生副総理の家系から辿っていくとかね。
(まあ、色々不都合だから現代史、近代史はちゃんとやらないのでしょうが・・・)
そのうち、上野に西郷さんがいる理由。靖国神社に大村益次郎がいる理由。三菱の創業者。あたりにもスグ繋がるわけで。
さらに、ずーっとずーっとずーっと遡って行くとビッグバンまで行っちゃったりして、もはや歴史の分野では無くなっている。

すみません、中国の歴史も、もう少し知りたいな、という所で脱線しました。
『ラスト・エンペラー』を観た時にも同じ事思って、溥儀関連の本何冊か読んだのだけど、ってまた脱線しそう。
(鉄道の映画だけに脱線はいけません)

えー、上海特急。
その車内で、かつて恋人だった二人が偶然の再会。
お互いの心の中を確かめ合う。
女(マレーネ・ディートリッヒ)は、上海リリーと呼ばれる(高級娼婦的な?)女になっていた。
途中、革命軍(?)による列車ジャックがあり、さあ、二人の運命は?乗り合わせた乗客たちの運命は?

という感じのお話。

私、恋愛面での感受性が極めて薄めの人間なので、二人の恋愛感情には、あまり心を寄せる事が出来ないのだけど、人間模様などの面で、とても面白く観る事が出来ました。

音楽がほとんど流れないのだけど、たまに流れる音楽(リリーが車内に持ち込んだ蓄音機!?から流れたり)が、効果的で素敵。

そして、やっぱりマレーネ・ディートリッヒが素敵。

あと、謎の中国人女性も負けず劣らず素敵でした。

※画像はネット上から拝借


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA