Category Archive : BLOG

アコースティック音楽嗜好 ‐85‐

珠玉の小品、隠れた名曲 42

The Cranberries – Never Grow Old


The Cranberriesは、1993年のアルバム『Everybody Else Is Doing It, So Why Can’t We?』でデビューしたアイルランドのバンド。
フロントの女性ヴォーカル、Dolores O’Riordan(ドロレス・オリオーダン、以下ドロレスと表記)が曲を書き、ライヴの際にもアコースティック・ギターを持って歌う曲が多い事もあり、ロックバンドのスタイルながら、かなりアコースティックなテイストが強いバンドで、デビュー時から大好きでした。

はじめの3枚のアルバムでは、ふつうにメンバー写真がアルバムカヴァーを飾っていましたが、1999年の4枚目のアルバム『Bury The Hatchet』は、(あのヒプノシスの)ストーム・トーガソンの手による超印象的なデザインのアルバム。

『Bury The Hatchet』

発売当時、すぐにCDを購入。少ししてからHMVでアナログ盤を見つけ、それも買いました。
これは大きいジャケットで欲しくなるやつ。

大好きなバンドと、大好きなデザイナーの邂逅に、当時大興奮しました。


今日「珠玉の小品」として取り上げるのは、その次のアルバム2001年発売の『Wake Up And Smell The Coffee』のオープニング曲。
このアルバムもまたストーム・トーガソンがジャケットデザインを担当。

『Wake Up And Smell The Coffee』

前述のようにアコースティックなテイストが強いバンドなので、このブログ『アコースティック音楽嗜好』でも、取り上げたい楽曲がたくさんあります。

The Cranberries – Never Grow Old

その中で、この曲「Never Grow Old」を選んだ理由のひとつは、意外性。
これアルバムの1曲目なんですよ。
オープニングに、この淡々とした小曲を持ってきた事の意味。
どうしてもそういう事を考えてしまうのです。
ふつうに考えると2曲目の「Analyse」の方が、オープニング曲的雰囲気を持っているのだけど、あえてこの「Never Grow Old」を持ってきた意味。
私のような聴き手にとって、その選曲意図は、アルバムの世界に導入する「引き」として大成功だと感じます。(が、そういう聴き手ばかりではないので、ちょっと心配でもある)

さらに、この曲を印象的な曲にしてしまった理由があって、というのは、2018年にドロレスが不慮の死を遂げた事。
それ以来、このアルバムを聴く際には、ある種の覚悟が必要になってしまいました。

1曲目がこの「Never Grow Old」ですから。
歌詞の内容も相まって、どうしてもつらい気持ちになってしまうし、淡々とした歌いっぷりが余計に悲しみの襞に沁み込んでくるのです。

まあ、そういう事を抜きにしても、この「Never Grow Old」は、私にとっての「珠玉の小品」である事に間違いはありません。






どるたん+しゃあみん 1stアルバム『異郷の詩』好評販売中

Goodstock Tokyoレーベル通販サイト
CD『異郷の詩』特設サイト

2024年6月前半に観た映画

6月も半分終了。この数年読書量が激減して代わりに配信で観る映画の量が激増したのだけど、最近、また少しずつ読書の時間が増えてきた。とはいえ映画もわりと観ているし、スポーツ観戦にもかなり時間を割いている。よく生活が成り立っているな、と我が事ながら不思議。


☆印は、映画に対する評価ではなく、あくまでも個人的な好き度ランク。
☆5つ=大好き、☆4つ=好き、☆3つ=ふつう、☆2つ=ちょっと苦手、☆1つ=苦手
という感じ。


2024年6月前半に観た映画
2024年6月前半に観た映画

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐84‐

お気に入りのアルバム 4

Scott Walker – SCOTT 4(1969年発売)

Scott Walker – SCOTT 4
Scott Walker – SCOTT 4

スコット・ウォーカーの4作目のソロ・アルバム。

これまでの作品は、管弦楽団の演奏にのせて歌われるポピュラー音楽という趣。
前作『SCOTT 3』では、多少フォーキーな雰囲気の曲も収録されるようになるのだけど、それでもバックには管弦楽団の音がきらびやかに鳴っている。

この『SCOTT 4』でも、管弦楽団の音はかなり取り入れられてはいるものの、アコースティック・ギターの弾き語り調の曲が多くなっている。

そして、このアルバムの作品は、はじめて全曲、スコット・ウォーカー自身の作詞作曲。
これまでのポップシンガー的なスタンスから、シンガーソングライターへと大きく舵をきったアルバムなのだ。

詞の面でも、プラハの春(の際に起きた事件)に触発されて書いたという「老人は再び “The Old Man’s Back Again(Dedicated to the Neo-Stalinist Regime)”」をはじめとして、スコット・ウォーカーという人の生き方、考え方のスタンスみたいなものが見て取れるようになったのではないだろうか。

個人的な好みになるのだけど、初期の管弦楽強めのサウンドよりも、このアルバムでのアコースティックギターのバックにバランスよく流れる管弦楽の音にとても惹かれる。

サウンド面でも、曲の魅力的にも、初期4枚の中では、このアルバムが群を抜いて好き。



どるたん+しゃあみん 1stアルバム『異郷の詩』好評販売中

Goodstock Tokyoレーベル通販サイト
CD『異郷の詩』特設サイト

埼玉ピースミュージアムに行ってあれこれ考えた

2024年6月11日 埼玉 東松山市 埼玉ピースミュージアム(埼玉県平和資料館)

6月11日に埼玉ピースミュージアムへ行ってきた。
そこで考えた事などいくつか書いておこうと思う。

1.語りつぐ

エントランス付近の壁にあったレリーフ的な文字

平和をかたりつごう、永遠に・・・・・・

揚げ足をとるわけではないのだけれど、このミュージアムに展示してあるものは、ほとんど全て戦争に関するもの、戦時中の生活に関するもの、ここで語りついでいるものは、平和ではなく、戦争。

しかし、戦争を語りつぐことで見えてくるのが、平和のありがたみ、平和であることの大切さ。
直接的に平和を語っているわけではなくても「平和をかたりつごう、永遠に・・・・・・」という言葉に、深い意味と意義を感じる。


語りつぐ者の存在

私が子供の頃には、戦争(第2次世界大戦)は、わりと身近なものだった。
私の親は、子供時代に戦争を経験している世代。
祖父は、硫黄島で戦死している。

今放送している朝ドラ『虎に翼』に出てくるハーモニカを吹く傷痍軍人も、私が子供の頃には実際に目にしていた。

また、マンガや子供向けの本などにも、戦争はよく描かれていた。
私が子供の頃に、強く戦争と平和を意識したのは、ちばてつやのマンガ『紫電改のタカ』が最初だったと思う。
その後も、実際に戦地に行った水木しげるの戦記マンガや、こども時代に戦争を経験した手塚治虫やちばてつやの数々の作品、マンガ雑誌に連載されていた『はだしのゲン』などなど、戦争の悲惨、理不尽に触れ、平和を思う心を育まれてきた。
児童書の『ビルマの竪琴』や『つしま丸のそうなん』なども読んだ。
映画やテレビ番組の数々も。

子供の頃に「戦争を知らない子供たち」という歌がヒットしたのだが、書物などを通しての知識としても、実際に目にしたものや家族や教師の話を通しての実感的な意味でも、かろうじて戦争を知っていたのだ。
自分自身の体験としては知らなくても、戦争はまだまだ身近な事象としてあったし、戦争と平和について知り考える時間はとても多かったと思う。

私のように積極的に知ろうとする者と、無関心な者とでは、考える時間にも内容にも大きく隔たりがあるのだろうけれども、世代として戦争は身近なものだったと言えるだろう。


語りつぐ者の不在とピースミュージアムの意義

転じて現在の子供たちが、どれだけ戦争について知り、平和を考える機会があるのだろうか?
子ども時代に戦争を経験している私たちの親世代は、既に亡くなっている方も多く、実際に戦争を経験していない私たち世代は、自分事としての戦争は語れない。
私自身の事を振り返っても、子供たちに戦争の事を語ったり、話し合ったりした事はないかも知れない。
色々な書物や映画などで戦争に触れ、戦争と平和について深く考えてきた私のような人間でも、子供世代に語りつぐという事をしていないのだ。語りつぐ体験はなくてもせめて「どう感じる?どう考える?」という問いかけぐらいは出来たのではないだろうか。

そして社会全体の風潮(というか政権の考え方)として、戦争当事国としての歴史を、あまり悲惨なものとして語りつがせないようにしているような空気さえ感じる。
かつては毎年のようにテレビ放映されていた映画『火垂るの墓』も最近では放送されることもない。
『はだしのゲン』を図書館に置くなという勢力もある。

そんな中、このようなミュージアムの存在は有意義だと感じる。
語りつぐものはいなくなっても、物が資料が物語が語りついでくれるから。


税金の使い道

ところで、この埼玉ピースミュージアム、実に立派な建築物なのだ。
展示スペース、展望塔、映画上映設備などなど。
これ、一体誰がお金を出して作ったのだろうか?
埼玉県?
だとしたら私たちの収めた税金が使われているわけです。
こういう事は県議会をしっかりとウォッチしていれば分かる事だろうし、新聞や広報にも載っていたのでしょう。でも、私は、知らなかった。知らないうちに出来ていました。
文句が言いたいわけではありません。
むしろ上に書いたように「有意義だと感じている」ので、有意義なお金の使い方をしてくれたと、有難くさえ思っています。

東京都のように下品な(と私は感じています)プロジェクションマッピングに事業費48億円つぎ込んだわけではないので。
この48億円という金額だって本当にいかれた金額で、どう考えても48億円もかかるものではないでしょ?どこに流れてるのそのお金。

そんな税金の使い方をされてしまうと、残念という感情では済まない気がする。

(この件に関してだけかも知れないけど)埼玉県民で良かった。
その辺の草でも食べて幸せに暮らします。

最後、何言ってるか分からないけど、まあ、色々考えました、という話。



「お出かけの記録」

20240611 埼玉 東松山市 埼玉ピースミュージアム

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2024年6月11日 埼玉 東松山市 埼玉ピースミュージアム(埼玉県平和資料館)

昨日、午前中に定期検診を終え、いや、会計~薬局までを含めると午後1時半頃に病院関連の用事を終え、東松山の埼玉ピースミュージアムへ行ってみる事にした。

なんとな~くその存在は知っていたのだけど、急に行ってみようと思い立ったのは、2~3日前に近所の図書館で見かけたパンフレット。
その規模感は、なんとな~く思っていたものを軽々と超えるもの。
映画も毎日上映している。
特に『最後の空襲 くまがや』を観たいと思った。

これはいつか行かねば!ASAP!
と思い、その「いつか」は思いのほか早くやってきたというわけ。

ここでは、「平和」云々という事のみならず、色々な事を考えたので、それはまた別にブログに書くとして、とりあえず、まずは「こういう所に行きました」的な「お出かけの記録」を。

樹々の緑の間からピースミュージアムが見えてきます。


エントランスの周辺、屋外ですでにちょっとこみあげてくるものがある。
銀座4丁目交差点に敷かれていた都電の敷石って、関東大震災も東京大空襲も経験していて、そして子供の頃、この上を歩いたかも知れないわけで。

タイムトンネルの向こうには戦時中の日常が

展示物はものすごくたくさんあって、そのひとつひとつの背景を思うとたまらないものがあります。
それらの撮影は許可制のため、ここでは紹介できません。
公式WEBサイト(https://www.saitama-peacemuseum.com/)にもごく1部しか載っていません。
興味を持たれた方はぜひご自分の目で。

展望塔からは、平和と繁栄を象徴するような東京のビル群も見渡せる。
ここが廃墟となる日が来ない事を・・・

一通り館内を見て回った後に、映画『最後の空襲 くまがや』を鑑賞。
小学校で上映する教育映画的な30分の短編アニメ映画。

客席は貸し切り状態でした。

館内には、この女の子の立て看板がいくつもあったのだけど、映画を観て、この子の事を知った後に改めて見たら泣きそうになった。
いや、正直に言うとちょっと泣いた。


「お出かけの記録」

20190326 東京 新宿区 新宿ピカデリー他

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2019年3月26日 東京 新宿区 新宿ピカデリー他

この日は、ディスク・ユニオン 新宿プログレッシヴ・ロック館で開催されたギャレン・エアーズ [Galen Ayers](Kevin Ayersの娘)1stアルバム『モニュメント』先行発売&来日記念インストア・イベントへ

裏方として若干協力していたので、顔を出して関係各位に挨拶。もちろんインストアライヴも楽しみました。

その前後は、久しぶりに新宿を少しだけ散歩。

バルト9では『キャプテン・マーベル』上映中。

新宿も色々変わったけど、伊勢丹の佇まいは変わっていない。


新宿ピカデリーのロビーにサノスとアイアンマンが!
高まりました。
この日から、調度1か月後に『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されたのですね。
感慨深い。

新宿マルイ アネックス 1Fにあるゴジラ・ストア
ヘドラに高まる。

特に何を買うでもなく、映画を観るわけでもなく
少し歩いただけでどっと疲れたのでスゴスゴと帰宅。
都会(というか人が多い場所)は苦手、自然の中が落ち着く、そんな私なのです。



「お出かけの記録」

20210319 東京 新宿区 筑土八幡神社

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2021年3月19日 東京 新宿区 筑土八幡神社

心臓の定期検診に通っている某大病院の近くにある筑土八幡神社

何かとお世話になった所なので、検診後には立ち寄ってお礼参りをしています。

お参り後、しばし境内の花を愛でてから帰路につきました。


「お出かけの記録」

20181101 埼玉 川越市 ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2018年11月1日 埼玉 川越市 ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷

つい先日、投稿したばかりのユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷。
2018年の11月に行った時の写真が見つかったので、今日もユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷を。

といっても現地で撮った写真は1枚だけでした。


公開間近の『ボヘミアン・ラプソディ』のディスプレイと一緒に撮ってもらいました。
私の写真フォルダーには人物が写っている写真がほとんどないので、貴重な一枚、かも。

そして、この日、観た映画は、これ

平手友梨奈主演『響 -HIBIKI-』
特に平手ファンというわけでもないのだけど、観ておきたかったのです。

今日はひじょうに短めだけど、写真フォルダー内に「出かけたけど撮った写真は1枚だけ」みたいなのがけっこうあるので、こういうのも「お出かけの記録」的にはアリかな、と思いました。


「お出かけの記録」

吉村昭『彰義隊』読了

以前、「東京 上野周辺散策」というブログ投稿で、彰義隊に心を寄せている事をほんの少しだけ書きました。
その彰義隊については、これまで明治維新関連の本などで読んだ多少の知識がある程度。
もっと知りたいという欲求がありました。
先日、なんとなく眺めていた地元の図書館の棚に、そのものズバリ『彰義隊』というタイトルの本を発見。
しかも吉村昭著。

吉村昭は、高校生の頃『高熱隧道』を読み、筆力に圧倒され、その描かれた世界に引き込まれるような感覚を味わった事が鮮明に思い出されます。
その後、何冊か読んできましたが、最近はご無沙汰。そして、この『彰義隊』は未読。
自分自身の興味の方向と、いいタイミングで合致し巡り合えました。

一応、小説ではあるものの、あまり物語的ではなく、どちらかと言えば史実を時系列に沿って忠実になぞった形。
とはいえ、そこは吉村昭の文章なので、ぐいぐいと読み進む事が出来ます。

しかしながら彰義隊の話は、本の前半でほぼ終わり。
上野で戦争勃発、彰義隊は散り散りになって敗走。
と知っている話しか出てきませんでした。

私の興味的には、彰義隊と袂を分かつ渋沢成一郎の事など、もっと知りたかった、というか読みたかった。
渋沢成一郎は、彰義隊と袂を分かった後、振武軍を結成し、飯能戦争。
さらに函館にわたり土方歳三らと共に五稜郭での戦闘に参加。
という道を歩むのだけど、まあ『彰義隊』の話なので、そこまで書いてくれとは言いませんが、せめて振武軍の名前ぐらいは出てきて欲しかった。

そして、この本の半分から後ろはほとんど全部、輪王寺宮を中心とした話。
いや、というか、この本の主人公は彰義隊ではなく輪王寺宮(のちにいう所の北白川宮能久親王)でした。

輪王寺宮は上野東叡山寛永寺の山主。
皇族でありながら、上野戦争で彰義隊側に加担するような形になり、朝廷の軍と敵対。
北へと逃れ、奥羽越列藩同盟の盟主として担がれる事に。

その北への逃避行が、本の半分あたりから後半延々と描かれています。
彰義隊という文字すらほぼほぼ出てこない。
ただその各地を転々とする話がとても興味深いので、それはそれでよしという気持ちで読んでいました。

そして、幕府軍敗戦後は京で謹慎。謹慎が解けたあとドイツへ6年間に及ぶ留学。帰国後海軍へ。そして日清戦争後の台湾での戦争中に病死するまでが描かれている。

本当にこれは『彰義隊』の話ではなくて、輪王寺宮の伝記だなと思いつつ読了したのだけど「あとがき」を読んで深く納得しました。
文句みたいなことばかり書いてごめんなさい。

曰く
台湾戦線への派遣を願う書面に、宮が上野の山で朝敵となった事を、その時に至っても深い心の傷として意識しているのを知り、ためらうことなく題を「彰義隊」とした。

との事。

なるほど、宮の運命を波乱へ導き心の中の傷としてありつづけた「彰義隊」の話。

新政府の良き軍人として生きようとした輪王寺宮の胸中を思うと複雑な気持ちではあるけれど、輪王寺宮の人生、これまでほぼ知らなかったので、とても興味深く読むことが出来ました。

20230612 埼玉 川越市 ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷

2023 渋谷考」というブログ投稿をした時に思ったのですが、このブログには、音楽活動の事や、映画、音楽の事が主に書かれていて、どこかに出かけた話がほとんど書かれていない。
そこで、たまには過去に遡って写真フォルダを漁り、どこかに出かけた話も書いてみようかな、と思い立ちました。という事で

お出かけの記録


2023年6月12日 埼玉 川越市 ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷

ほぼ1年前、川越市の南古谷にあるシネコン、ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷に映画を観に行きました。
この日観たのは、韓国映画『THE WITCH/魔女 -増殖-』

この映画は『THE WITCH/魔女』の続編。
一作目が大好きで、配信で何度も観ていたので、二作目は絶対に映画館で観たいと思っていたのだ。

しかし、家に一番近いシネコンでは、上映なし。

以前、ユナイテッド・シネマ ウニクス秩父に行った時のブログにも書いたけど、家から一番近いシネコンは、子供向け、ファミリー向けの映画が中心で、観たい映画がかからない事がけっこうあり、そんな時には、秩父や南古谷などに観に行くことになる。

『THE WITCH/魔女 -増殖-』も、家チカシネコンではかからなかったので、南古谷まで遠征。
ウニクスという大型ショッピングモール内にある映画館。
ここに来るのは、2018年『響 -HIBIKI-』を観に来て以来、二度目。

映画館周りの写真しか撮らなかったのであまり面白くないけど、この時期、こういう映画をやっていました、って事で。

エリック・クラプトンのライヴ・フィルムも上映している。
こういう映画、家チカシネコンでは絶対に上映しないので、すごくうらやましい。
同じ系列のシネコンなのに。

ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷
またそのうち何か観に行くこともあるでしょう。


「お出かけの記録」