Category Archive : アコースティック音楽嗜好

アコースティック音楽嗜好 ‐62‐

珠玉の小品、隠れた名曲 その31

Robyn Hitchcock – My Rain 

ロビン・ヒッチコックの事は、近年まで名前を知っている程度で、恥ずかしながら音楽を聴いた事はありませんでした。

2015年頃に、鳥井賀句さんがやっていたライヴ・バー Soul Kitchenに出演した際に、賀句さんから「どるたん、 ロビン・ヒッチコック聴いた事ある?」「絶対気に入ると思うよ。」とお薦めされました。

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐61‐

珠玉の小品、隠れた名曲 その30

Lewis Furey – Love Comes
Lewis Furey 1975年発売のアルバムLewis Furey』のラストに収録された曲。

大好きな曲です。

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐60‐

珠玉の小品、隠れた名曲 その29

The Who – Blue Red and Grey
1975年発売のアルバム『The Who by Numbers』に収録されたこの曲。
これぞアコ好きの私にとっての「珠玉の小品」とも言える曲です。

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐59‐

大好きなヒット曲(3)

Michael Jacksonの「Ben」(1972)

これも大好きな歌なのですが、実は私、当初、この曲がマイケルの曲だとは知りませんでした。

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐58‐

民謡、伝承曲からの影響(7)

今回は、Robert Plantが2002年に出したアルバム『Dreamland』を丸っと取り上げたいと思います。

Robert Plantといえば言わずと知れたLed Zeppelinのヴォーカル。
そしてLed Zeppelinといえば、私達の世代でロックを聴いてきた人にとっては必修科目ともいえる存在。

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐57‐

民謡、伝承曲からの影響(6)

今回、取り上げる曲は、Third Ear Band「Fleance」

Third Ear Bandを初めて聴いたのは、確か高校1年生の頃、当時、あまり知られていないプログレッシヴロック系のレコードを集めていた友人の家での事。
聴いたのは1stアルバムの『Alchemy』(錬金術)
その時は、正直、退屈な音楽だと思っていました。

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐56‐

大好きなヒット曲(2)
民謡、伝承曲からの影響(5)

今日取り上げるのは、Nick Cave & The Bad Seeds + Kylie Minogue – Where The Wild Roses Grow

この曲がヒットした頃、私はイタリアで仕事をしていました。
イタリアでは毎日のように、この曲のミュージック・ビデオ(MV)がテレビから流れ、CD店に行けば、この曲の店頭POPがディスプレイされていて、MVが流れ、マキシシングルが並んでいました。

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐55‐

大好きなヒット曲(1)

「アコースティック音楽嗜好」として、色々な曲やアーティストなど好きな音楽を気ままに紹介してきましたが、好きな曲を取り上げる際のカテゴリーを「珠玉の小品、隠れた名曲」としたために、誰でも知っているようなヒット曲を取り上げる事が出来ませんでした。

もちろんヒット曲の中にも、素敵なアコースティック曲や、アコースティック楽器を効果的に取り入れた曲など、大好きな曲がたくさんあります。

ただ、ヒット曲なので皆さんご存知の曲が多いわけで、紹介するという趣旨ではなく「この曲が大好き!」「この曲にはこういう思い出や思い入れがあります」という、ごくごく私的なスタンスで取り上げたいと思い、新しいカテゴリーを作りました。(これまでのカテゴリーもごくごく私的ですが)

新しいカテゴリーは題して「大好きなヒット曲」(単純)
その1回目に取り上げるのは

The Bangles – Eternal Flame(胸いっぱいの愛)

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐54‐

民謡、伝承曲からの影響 その4

これまでも、何度か触れていますが、民族音楽や伝承曲などの影響が感じられる音楽がとても好きです。
その中でも、ヨーロッパのもの、南米のもの等、その音色や調べに郷愁、哀愁を感じるような音楽が特に好きです。

この曲を初めて聴いたのは小学生の頃、はっきりとは覚えていないのですが、テレビ番組で女性歌手が日本語でカヴァーしていたものを聴いたような気がします。

Read More

アコースティック音楽嗜好 ‐53‐

アコースティックギターがかっこいいロック(8)

Frantz Ferdinand、2005年発売の2ndアルバム『You Could Have It So Much Better』から「Walk Away」を取り上げます。

Franz Ferdinandは、前年に出た1stアルバムと、この2ndアルバムを、この時期かなり聴き込んでいました。
ポップだけど少し翳りのある曲調やメロディー、タイトな演奏、そんな所に好感を持っていたのです。

Read More