Time in a bottle

Time in a bottle

午前中、Jim Croceのアルバムを2枚ほど通して聴いていた。

メロディーやギタープレイなどに魅かれるのはもちろんなのだけれど、声、音色、全体が醸し出す優しさ温かさにたまらなく魅かれる。

優しさ温かさだけではなく、Jim Croceの音から漂う切なさ儚さ美しさ、その正体はいったいどこにあるのだろう。
それはJim Croceの心の中から生まれる音なのかも知れない。

そんな音に包まれる時間。
窓から射し込む春の陽射しと相まって、なんとも幸せな一時でした。

以前、某所で映画『X-Men: Days Of Future Past』の中で流れたJim Croceの曲に関する投稿をした事を思い出して、探してみたら、投稿したのはほぼ1年前、去年の3月でした。
Jim Croce、春に似合うのかな?
いや、夏も秋も冬も聴くけど。

その『X-Men: Days Of Future Past』でJim Croceの曲が流れるシーンがYouTubeにあがっていました。

よろしければご覧になってみて下さい。
映画の中で突然流れる意外性を味わいたい方は映画を観ましょう。(ここで知ったから意外性なくなっちゃったけど)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA