映画成分多めの1日

映画成分多めの1日

4月29日(木)

『くれなずめ』

10時から、映画「くれなずめ」の生配信トークショーを見る。
実は、この日が公開初日になるはずだった映画。
緊急事態宣言により、公開延期となり、舞台挨拶をするはずだった監督、出演者が急遽、生配信でトークショーを行った物。

くれなずめ

映画「くれなずめ」公式WEBサイト

これが何とも切なくも面白くて、ひとりPCの前で苦笑したり爆笑したり。
登壇メンバーは、松居大悟監督&出演者達(成田凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹)。
若葉竜也さん、ごくごく最近どこかで見たはず。と、しばし考えても思い浮かばない。配信が終わってしばらくしてから「おちょやんの助監督!」と思い出しました。
藤原季節さんは、止め俺の荒井晴彦役のイメージしかなかったので、屈託なく笑い転げる姿にギャップ萌え。かわいい。
いやいや、本当に底抜けに(死語?)面白かったし、素敵な印象しかない。これ絶対に最高の映画でしょ!
本来なら、この日から映画館で公開だったのに悔しいですよね。
高良健吾さんは、なんだか1つ上のステージにいるような印象があります。ちゃんと仲間同士として楽しそうにみんなと一緒の場にはいるのだけど、なんというか心のレベルみたいな物が高い所にある感じが伝わってくるのです。好きな役者さん。


『ツンデレ娘 奥手な初体験』

その後、私達どるたん+しゃあみんが音楽を作った映画『ツンデレ娘 奥手な初体験』が日本映画専門チャンネルで放映されるという事を、脚本を書かれた井上淳一さんの投稿で知る。

https://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh10009920_0001.html


その件で、しばし井上さんとメッセージのやりとりを。
色々あったけど、良い映画です。

日本映画専門映画チャンネル見る事が出来る人は、ぜひともご視聴を!
見られない方はDVDも発売中です。

ツンデレ娘 奥手な初体験

『るろうに剣心 最終章 the final』

夕方から近くの映画館に出かけ『るろうに剣心 最終章 the final』を鑑賞。

るろうに剣心最終章 the final


本来なら昨年公開されるはずだったこの映画、1年間待ちわびて、ついに観る事が出来ました。
いや~もう、最高でした!画面の美しさにも魅せられた。登場人物のひとりひとりがとても魅力的。とにかく素敵。
しかし、緊急事態宣言下の東京(他)では、映画館が休館という厳しい状況なんですよね。
私の住んでいる地域は、緊急事態でもまん延防止でもないのですが、なんとも複雑な気持ちでした。
なんせ電車で数駅行くと「まん延防止」その隣駅は「緊急事態」なのでね。
映画を観ている間は、集中して楽しめたけど、一歩外に出ると、なんだかやるせない空気に包まれ帰宅。


ところで、朝から映画成分高めの1日を過ごした2021年の4月29日ですが、実は、この日は、Mick Ronsonの命日。
大事な記念日などは忘れがちな私ですが、Mick Ronsonの命日と、Kevin Ayersの命日(私の誕生日の翌日)だけは、忘れた事がないのです。

もちろん、今年も午後の数時間、集中してMick Ronsonの音楽を聴いて過ごしました。

Mickの命日に、毎年Mick Ronson Memorial Bandで演奏していたのだけど、最後に演奏したのは、もう9年も前!
2012年、渋谷のLa.mamaですね。

Mick Ronson Memorial Bandとして最後にステージに立ったのが、2016年カニ坂ロックフェスか。5年前!

そういえば、最初のステージもカニ坂だ。それが2006年。15年前!!

なんて事を考えて過ごしていました。

映画成分多めの一日でしたが、着地点はここ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA