TOKYO2020考1

TOKYO2020考1

(このブログはどるたん+しゃあみんの公式見解ではなく、どるたんの個人的意見です、が、事務所としても支持いたします)

まず言っておきたいのは「私、スポーツ観戦大好き!」という事。

(スポーツグラフィック)Number誌は、創刊号から延々と買い続けてきたし、それに類する雑誌もあれこれ買ってきました。
各競技毎の雑誌もあれこれ買っていたし、TV中継もあれこれ録画して観てきました。
オリンピックなんて始まろうものなら、毎日寝不足フラフラになりながらも夢中でTV観戦していたものです。
これまでは。

しかしながら、TOKYO 2020には、はじめから全くのれない自分がいます。

コロナ禍の中、強引に推し進める方々の思惑みたいな物が露骨にみえてきた最近は、もはや「中止してくれ」という気持ちしかないのですが、もっともっと前から、そう、それは、東京オリンピック招致のための、当時の安倍総理の演説を見た時から。

ご存知のように福島第一原発の事故に関する「アンダーコントロール」発言。
(それに関しては、「ある部分アンダーコントロール」的な言い訳がありますが)
これには本当に腹が立ちました。
世界に対してこれほどの大嘘を臆面もなく吐けるこの人、息をするように嘘をつく人だと知ってはいましたが「ふざけるな!」と。

さらには、招致委員会は、東京の気候について、こんなにも酷い嘘をついています。
「晴れる日が多く、かつ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である」
毎年、熱中症で死者も出るような東京の夏が、そんなはずないでしょうが。
「世界一お金をかけないコンパクトな五輪」みたいな事も言っていましたが、これも大嘘。

そうやって嘘で固めた招致活動の末、開催決定した時のニュース映像を見た時には、心底うんざりしました。

(朝日新聞デジタルより)

政治家たちのバカ騒ぎがとてもお下劣に見えてゲンナリとしてしまったのです。

その後も、次から次へと、嫌な気持ちを増幅させるような事が相次ぎます。
個人的には、国立競技場の建て替えが、かなり大きく心のダメージとなりました。

「世界一お金のかからない五輪」(大嘘)だの「レガシー」だのお題目を掲げていたのなら、(旧)国立競技場こそ、そのシンボルになるのに、と思っていたので、とっとと壊されてしまった事に愕然としました。
ここで私が1964年の東京オリンピックを見たわけではないけど、ここには、私なりに色々な思い出や、想いがありました。
収容人員だの耐震性だの問題があったのかも知れませんが、それを補修、増築、改築でなんとかすれば技術力のアピールにもなるし、「古いものを大事にする日本」というアピールにもなったでしょう。
(実際は古いものをあまり大事にしないよね日本、なんでもすぐ壊す)
何より1964東京オリンピックと同じ場所での開催。それこそレガシーだと思うのです。

しかし、彼らの言う「レガシー」とは、過去の遺産を大事にして未来につなげる事ではなく、自分達の功績をレガシーとして残したい、という意味だったようです。
だから、都知事も、総理大臣も、大会組織委員会会長も「オリンピックまでは」とそのポストにしがみつこうとしていたのですね。
誰もいなくなっちゃったけど。

そして新国立競技場を巡るゴタゴタ。
公正な(はずの)コンペで採用されたザハ・ハディド案、当初のデザイン通りに建てたらお金がかかりすぎるだのなんだので、大幅にデザイン変更させられ、それにも関わらず結局廃案。

(コンペに勝ったのはこのデザイン)

(クライアントのわがままでこんなにも修正)

その後、ザハ・ハディドは死亡。(65歳)
別に「殺されたのでは?」なんて言うつもりも、陰謀論をほのめかすつもりも全くないけど、こんな事に関わらなければまだまだ良い仕事が出来た人だと思うので残念です。合掌。

で、結局、今建っているのはご存知、隈研吾デザインの新国立競技場。

シンボルマークもコンペで勝った作品が、(今度はパクリ疑惑で)変更になりました。
これも「なんだかな~」って気分。

ボランティアの制服もまた、評判最悪で(それが理由かどうかは知りませんが)変更に。

舛添さんご満悦のデザインだったようですが、小池都知事に切り捨てられたようです。
小池さんじゃなくても切り捨てたくなります。恥ずかしい。
で、その後、出てきたのがこれ。

もう・・・・・・色々な意味で言葉を失います。
本当に大丈夫なのか!?
この人たち。
この大会。

と、コロナ関連のあれこれ、今も続く醜いドタバタ騒ぎが出てくる前からすでに、TOKYO 2020への思いは、マイナス感情しかなくなっていた私です。

さらにリオ五輪閉会式での安倍マリオが、私のマイナス感情を一層増幅させます。


現職総理(当時)の、おどけたパフォーマンスを好意的にみる向きも多いかも知れませんが、私はぞっとする物を感じました。
よく安倍(元)総理にちょび髭をつけてヒトラーを模した風刺画を見かけますが、そんな空気を感じたのです。
絵面はおどけているけど、その裏にある黒い思惑みたいなものがダダ漏れでした。(私見です)


さて、ここからの酷いドタバタ劇は、毎日毎日これでもかというほど更新されていて(最新小山田圭吾炎上)、新聞の見出しを並べていくだけでも何ページかかるか分かりません。しかも、何度も言うけど本当に醜い酷い事ばかり。とにかく全てが出鱈目。

なので、とりあえず「はじまりからこんなに酷かった」「スポーツ大好きな私でも観たくなくなっています」という投稿でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA