Category Archive : BLOG

本日(11.21)APIA40『Ghost Dance』

いよいよ本日です!

『Ghost Dance』
2015年11月21日(土)
open 18:30 / start 19:00

目黒碑文谷 APIA40
http://apia-net.com/
東急東横線「学芸大学」駅、徒歩約8分
03-3715-4010
目黒区碑文谷5-6-9 サンワホームズB1

前売/¥2000/当日¥2300(+1drink)

Read More

La.mamaでヒカシュー

昨夜は、La.mamaで、ヒカシュー、坂田明、一噌幸弘、内藤哲郎&飛び入りで鼓のジンさん。
サックス、和太鼓、ピアノ、様々な笛達、ドラム、ギター、ベース、クラリネット、尺八、鼓、テルミン、シンセサイザー、そして声、etc.

生まれも育ちも年齢も違う様々な楽器達が、時折不協和音でぶつかりあい緊迫した空気を生み出しつつも、ひとつにまとまり、笑顔が生まれる。

ものすごく感動しつつ、(世界の平和とか共存とか)余計な事まで考えてしまうのであった。
世界中の人に聴いて欲しい音楽!

どるたん弾き語り@アートフェリス映像フェスタ

アートフェリス映像フェスタ 第1回プロジェクション・パーティーでの、どるたん弾き語り(VJ YAMANE)

最近あまり演奏していなかった(実はちょっと避けていた)’80年代(不思議なバレッツ時代)に作った曲だけを3曲演奏しました。

3曲とも、自分で作った曲ながら、なかなかちゃんと歌う事が出来なかったのですが、なんとなくやっと自分の歌になったなと実感出来ました。

30年以上かかった(笑)

どるたん2015年内LIVE予定

どるたんの年内LIVE予定です。

10月14日(水)新宿Soulkitchen
『水曜フリークシアター』
出演:
・ROMEOS
・忘八門土+Rohco
・マキ―・トーカ
・どるたん
開場:19時、開演:19時半
Charge:1000円+Drink

Valvola IV
Read More

水曜フリークシアター@新宿SoulKitchen

どるたんの最新LIVE情報です。

次のLIVEは、10月14日(水)
鳥井賀句さんの店、新宿Soulkitchenにて、弾き語りです。

水曜フリークシアター@新宿SoulKitchen
10月14日(水)
出演:
・ROMEOS
・忘八門土+Rohco
・マキ―・トーカ
・どるたん

開場:19時、開演:19時半
CHARGE:1000円+DRINK
http://soulkitchen.sadist.jp/

Read More

Valvola IV 9/24 La.mamaを終えて

9月24日、渋谷La.mamaにてValvola IVのLIVE無事終了いたしました!

Valvola IV
Read More

「ばるぼらの歌」

ちょっとばかり長文ですが、読んでもらえたら嬉しいです。

7月のある日、La.mamaの社長から「秋頃、ヴァイオリンの入ったバンドやユニットを集めたイヴェントをやりたいのだけど、良いバンドを知りませんか?」との問いかけがありました。

スグに思い浮かんだのは、昨年一緒にやったAzurVert

ヴァイオリンの南野梓さんに問い合わせた所、
「ギターの谷村の都合がつかないので、AzurVertとしては出演出来ないけど、どるたんさん一緒に何かやりませんか?」
との提案。


ところで、そのイヴェントは『秋の夜のビヨロンのささやき・ときめき』というタイトルになる予定。

もちろん、そのタイトルが、ヴェルレーヌの詩の一節にインスパイアされたものだという事には、気づいておりました。

文学青年ですから。(青年?)

しかし、そんな儚げなタイトルに似合う歌を私は歌えません。

そこで思いついたのが、そのイヴェントにふさわしいユニットを組んで出演したらどうだろう?
というアイディア。

人選は、全く迷いませんでした。

まずは、チェロのしゃあみん。

何度か一緒に演奏し、気心の知れたアーティストです。
彼の持っている情緒豊かな音楽性、表現力こそ、このイヴェントにふさわしい。

そして、もうひとりクラシックギターでの弾き語りで活動しているアーティスト、カルカンエコー。
彼女(?)の歌に、ヴァイオリンとチェロを絡めたら・・・想像しただけで、えもいわれぬ情景が思い浮かんできました。

この2人が、快諾してくれた時点でユニットが成功するであろうことを確信しました。

ヴァイオリン:南野梓
チェロ:しゃあみん
歌とギター:カルカンエコー
歌とギター:どるたん

4人組のユニットの誕生です。
さて、せっかく組んだユニットです、ユニット名をつけましょう。
という事で、少し考えてみましたが、割とスグにValvolaという言葉が浮かびました。

イタリア語で、バルブ(弁)の事なのですが、真空管一般をさす言葉としても使われるようです。
真空管アンプの音色が好きな私なので、ぬくもりのある音色かつ、どこか郷愁をそそる音を奏でるユニットにしたい、との思いもありました。

カルカンの提案でIV(ギリシャ数字の4)をつけて、Valvola IV

最初と最後にVの字が入っていて、バランスも良いし、Vの字が多いのもViolinの入ったユニットにふさわしい気もします。

読み方は、イタリア語と英語の混合でヴァルヴォラ・フォー
語呂も悪くないのでは?

まあ、そんな感じでユニット名はValvola IVに決定。
と同時に、せっかく新しいユニットを作ったので、このユニットで演奏するための曲を作ろう。
と思い立ちました。

ギターを持ち鼻歌を歌い始めたらスラスラスラと、あっという間に詩もメロディーも最後まで出来てしまいました。

詩のアイディアの種は、実は以前からあったもので、一度、『SAVE』というチャリティー企画のために書いた『Usual Suite』という曲に、『ばるぼらの歌』冒頭のフレーズと似た一節が使われています。

その時には、ほんの一節だけだったのですが、今回、新たにValvolaというモチーフを得て、しっかりと形にすることが出来ました。

その歌の中に

紡ぎだそう、ばるぼらの音

今歌おう、ばるぼらの歌

というフレーズがあります。

ユニット名の読み方は、「ヴァルヴォラ」なのですが、歌の中ではなんとなく「ばるぼら」と表記してみました。
その時、頭の隅に手塚治虫の漫画『ばるぼら』が、浮かんでいた事は否定出来ません。

とはいえ、10代の頃に読んだ作品なので、細部までは記憶しておりません。
また、当時読んだ、手塚の他の作品(特に大都社系)と混同している部分があったりなかったり。

そんなこんなで『ばるぼら』の事が気になり始めましたが、残念ながら今、手元に本が無いため、WEBで検索したところ、『ばるぼら』の事に触れているブログを見つけました。

そして、なんと、そこには驚くべき記述が!

冒頭シーンの説明として

>二人の出会いは、「バルボラ」がヴェルレーヌの詩の一節「ヴィオロンのためいきの身にしみてひたぶるにうら悲し・・・」と口ずさんでいたことから。

これ!!

このシーン、すっかり忘れていたけれど、鮮明に思い出しました!
ここで、この文章の冒頭を改めて読んでみてください。

今回出演するイヴェントのタイトル『秋の夜のビヨロンのささやき・ときめき』
まさに、そのヴェルレーヌの詩からインスパイアされたタイトルなのです。

まとめると

  1. ヴェルレーヌの詩にインスパイアされたタイトルをつけたイヴェントに出演する事に
  2. そのイヴェントに出演するために作ったユニットがValvola IV
  3. Valvola IVで演奏するために作った曲が『ばるぼらの歌』
  4. 『ばるぼらの歌』から思い出した手塚の『ばるぼら』の冒頭に引用されていたのがヴェルレーヌの詩

→1.に戻る

って感じです。

なんか不思議・・・・・・

ユニット名『Valvola IV』を考えた時には、手塚の『ばるぼら』は、全然頭に無かったのに、こんな風に結びついていくという。

という事で、告知です!

新ユニット、Valvola IV、デビューLIVE

9月24日(木)

渋谷La.mama

『秋の夜のビヨロンのささやき・ときめき』-クロスロードファンタジア-

●びん博士

●向島ゆり子+高橋香織

●Valvola IV [カルカンエコー(Vo+G)/しゃあみん(Cello)/どるたん(Vo+G)/南野梓(Violin)]

OPEN/START 18:30/19:00

ADV/DOOR ¥2800+D/¥3000+D

http://lamama.net/

よろしくお願いいたします。

『ばるぼらの歌』初演 at APIA40

9月19日、APIA40、どるたん、しゃあみん、ルイス稲毛のトリオLIVE終了いたしました。

開演時間になってもしゃあみんが現れないというアクシデントが発生しましたが。

Read More

灰身滅智

APIA40でのLIVEまで、いよいよ、あと1週間となりました。

このLIVE、灰身滅智というすごいサブタイトルを付けていただきました。
文字通りに捉えれば、「身を灰にし、智を滅する」という事でしょう。

全身全霊をかけた歌の力によって、己を無の境地へと高めていく。
そしてオーディエンスをも導いていく。
そんな思いを、この日出演する三組に託していただけたのかと思います。

Read More

9月のLIVE情報

9月は不思議軍としてのLIVEは入っておりませんが、どるたんが参加するLIVEが2本予定されています。

その前に!
8月の最終週、福生カニ坂ロックフェスティヴァルに不思議軍SPとして出演いたします。
メンバーは、どるたん、石原謙、横山玲
この日は、ルイス稲毛が出演出来ないため、横山玲に参加してもらい臨時編成の特別版不思議軍で演奏いたします。

Read More